SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art

【撮影機材】SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art レビュー

SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art

ミラーレスカメラ専用の交換レンズ「SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art」が2020年8月27日に発売されました。

過去記事の【撮影機材】愛用レンズSIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Artの描写を振り返る で予想していた「SIGMA 50mm F1.2 DG DN|Art」ではなく、軽量コンパクトタイプの「SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art」が発売されるとは予想外でしたが、85mm F1.4のスペックで重量630gと非常に軽量なこともあり即決で購入させていただきました。

SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art

非常にコンパクトで、同じ85mmでも85mmF1.8のサイズ感に近い印象を受けます。

SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art

ボディとレンズの重量バランス

SONYα7RⅢに装着してみましたが、ボディとレンズのバランスが非常に良いですね。

元々一眼レフ用に設計された「SIGMA DG HSM」シリーズを、MC-11マウントアダプターでSONYαシリーズで使用する場合かなり重くなりますし、なによりボディとレンズの重量バランスがとても悪く感じていました。

ボディとレンズの重量バランスが悪いと、実際の重さ以上に疲れを感じてしまうんですよね。

その点今回のミラーレスカメラ専用設計の「SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art」は、軽量なだけでなく非常にコンパクトで重量バランスもすこぶる良い印象です。

ちなみに、DG HSMシリーズのEマウント版「SIGMA 85mm F1.4 DG HSM [ソニーE用]」の重量は驚愕の1245g。

僕は結構片手で撮影したりするんですけど、とてもじゃないですが片手で運用できない重さです。(手首が折れる)

それに対して「SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art」は重量630gと約半分まで軽量コンパクト化して発売されました。

学生時代に体重120キロあった太めの旧友に再会したら、60キロになってて五カ国語話せるようになってましたみたいなモンですよ、ちょっと衝撃じゃないですか。

いやはや、やりますねSIGMA。

描写について

軽量コンパクトになっても写りが悪くなっていれば本末転倒です。

ちょうど妻が髪を切ってビューティフォーになって帰ってきたので被写体になってもらいましたよ。

SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art
SONYα9 ,SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art , (F1.4)

いやはや髪の毛の描写が凄すぎて驚きです。

後ボケの雰囲気も嫌いじゃないし、これは好感触です。

続いてお寺で試し撮りしてきました。

SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art
SONYα9 ,SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art , (F1.4)
SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art
SONYα9 ,SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art , (F1.4)
SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art
SONYα9 ,SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art , (F1.4)
SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art
SONYα9 ,SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art , (F1.4)
SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art
SONYα9 ,SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art , (F1.4)
SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art
SONYα9 ,SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art , (F1.4)
SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art
SONYα9 ,SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art , (F1.4)

お分かりのように、全て絞り開放F1.4にて撮影です。

この日はあいにくの曇り模様でしたが、柔らかな光を綺麗に拾ってくれる印象です。

絞り開放から猛烈な解像力ですね。

絞りのセレクトはボケ表現と周辺光量の調整の為だけに使えそうです。

遠目にピントを置いた場面でもきっちりと描いてくれるので、思い通りに作画できます。

周辺部の玉ボケは盛大にレモンボケになりますが、僕は普段からそこは気にしていないので問題なしです。

 

そしてなんといっても、開放F値にもかかわらず色収差がほとんど目立たないことが嬉しいです。

1枚目や2枚目、最後の水滴のピント部なんて色収差が出てもおかしくない場面ですが、きっちりと写ってくれています。

SONY純正の「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」ではピント部のひどいフリンジに悩まされていたので、「SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art」がF1.4でこれだけスッキリした描写をしてくれることは嬉しいです。

厳密に言うと厳しいシーンでは色収差はゼロではなかったけれど、これまでのどのレンズと比べても最高レベルに抑えられている印象で、ここまで抑え込まれていればもう充分かな。

ちなみに現像時にLightroomが当レンズに未対応だったのでレンズプロファイルなどは適用してません。

適用していない段階だと歪曲収差と周辺光量落ちが顕著なので自らの手で修正しています。

いずれレンズプロファイルが対応すると思いますのでしばらく待ちましょう。(追記 2020年12月のLightroomのアップデートでSIGMA 85mm F1.4 DG DNのレンズプロファイルが対応されました)

AF(オートフォーカス)について

このレンズの弱点があるとすればそれはAF性能かもしれません。

まだ人物撮影で充分に試した訳ではないので現時点での印象になりますが、AF-C(コンティニュアスAF)の時の挙動が少し頼りない感覚があります。

これはSONY Eマウント純正レンズとの差になるのですが、SIGMAのレンズでAFした際のモーターの動きなどはやはり純正レンズのそれとは異なる違和感があります。

ピントの食いつきも少し悪い気がしますが、マウントアダプターを介さずにSIGMAレンズをSONY機で使用したのは初めてなので慣れの問題かもしれません。

この辺は今後じっくり確かめていきたいと思います。

SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art 作例

SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art
SONYα9 ,SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art , (F1.4)
SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art
SONYα9 ,SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art , (F1.4)
SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art
SONYα9 ,SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art , (F1.4)
SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art
SONYα9 ,SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art , (F1.4)
SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art
SONYα9 ,SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art , (F1.4)

最後に

「SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art」のファーストレビューでしたが、総括してとんでもなくよく写るレンズという印象です。

僕は仕事で使う人物撮影の機材には軽さも求めているので、絞り開放F1.4のSIGAMA ARTレンズが、この重量(630g)とコンパクトさで使えるということが何より嬉しいです。

これから七五三シーズンも始まりますし、このレンズでご家族を撮影するのが楽しみでなりません。

それまでにこのレンズの癖を掴んでおかないと。

また晴れた日にでも作例を撮影してレビュー続報しようと思います。

「SIGMA 85mm F1.4 DG DN|Art」をお勧めできるかと聞かれたら、フルサイズ機で85mmをお探しの方にとっては間違いなくお勧めできるレンズですよ。